ページトップへ

轟産業株式会社

研究開発製品

塗布量モニタ WLF-2000

photo

ポータブル型

photo

計量部

photo

自立盤型

photo
photo
photo

高精度・連続計測による塗布量管理で、省力化とリスク抑制を実現。

フィルムや紙への塗布時の塗布量を管理するための「単位面積当たりの塗布量算定」をロードセルからの値の演算により連続計測ができる装置です。
これにより塗布量不足によるトラブル解消やプラスα分の塗布液量を抑えることによる原価低減が可能です。

主な仕様

●装置概要

連続的に消費量を監視することで「単位面積当たりの塗布量」を連続出で算定できる装置です。
機器構成は、測定器本体(通常は制御盤形式)、計量台、速度検出センサーの3点のみです。速度検出は、お客様のライン側の速度出力値を本体に取り込むことも可能です。また計量台は、バッファタンクの下に設置します(注:バッファタンクと塗工パンの高さに、計量台分のスペースが必要です)。

[計算方法の概要]

・タンク重量を常時計測し、値の移動平均(又は準ずる平均処理)をもとに「単位時間当たりの変化重量」を算出
・ライン加工速度を測定し、予め設定された製品幅との計算により「単位時間当たりの加工面積」を算出
・上記の2つの値から「単位面積当たりの塗布量」を算出

計算式: 塗布量(g/m2)=単位時間当たりの変化重量(g/min)/ 単位時間当たりの加工面積(m2/min)

●仕様

計測部
重量検出部 秤量30kg~600kg 耐圧防爆認定品
速度検出 光電センサー(1回転1パルス検出・周期計測方式)又は、オープンコレクタ出力からのパルス入力
原料補給 液補給時に自動/手動の切替スイッチにより塗布量計測を停止します。
自動モードの場合、液補充完了後に自動的に塗布量計測を再開します。
グラフィックモニター部
構造 小型グラフィックパネル 非防爆構造(エアパージ式)
表示画面 塗布量画面、塗布速度画面 他
設定画面 塗布幅設定画面、固形分濃度設定画面 他
表示ドット数 640×480ドット 7.5型
表示デバイス TFTカラーLCD

他にもこんな製品があります!

標準型
反応システム
自動反応試験器

温度制御の自動化により、反応実験の再現性・効率性が向上。

調合システム
高感度エア式液面警報ユニット

防爆域における液面検知をオールエアにて気軽に、簡単に。

調合システム
ドラムキャリア / ポンプエレベータ

軽快なハンドリングと安全・安定操作で実現する作業環境と原料の安定供給の改善。

© 2021 Todoroki Sangyo Co.,Ltd