ページトップへ

轟産業株式会社

研究開発製品

自動反応試験器

photo

自動反応試験器(低床型)

photo

自動反応試験器(標準型)

photo

小型自動反応試験器(標準型)

photo

小型自動反応試験器(低床型)昇降台

photo

コントローラー

photo
photo
photo
photo
photo

温度制御の自動化により、反応実験の再現性・効率性が向上。

反応実験において、容器内の温度を高精度に制御する温度制御装置です。通常、手作業で行われている加熱源や冷却源の位置や出力を自動調整します。実験作業の安全性向上や、実験の再現性の確保、時間の軽減による業務効率化が可能です。

主な仕様

●装置概要

一般的な手作業による反応実験の方法は、フラスコの内温度を測定しながら、反応容器の下に設置した加熱源をラボジャッキで上下させ、同時に加熱源の電圧をスライダックで可変させることで温度制御を行う、というものでした。自動反応試験器では、ラボジャッキを試験器と入れ替え、加熱源の昇降やヒータ電圧の可変を、内温を基準として自動で制御しつつ、温度帯に応じて風冷ファンによる強制冷却を行います。手作業と比較して、圧倒的に温度制御性の優れた試験を可能にします。

●仕様

<自動反応試験器>
フラスコサイズ 0.1~5Lクラス
テーブル寸法 300mm
テーブル載荷重 10kgまでの加熱・冷却源

標準型
自動昇降テーブルが装置の上部にあるタイプ。低床のドラフトや実験台に対応。
低床型
自動昇降テーブルが装置の横にあるタイプ。通常のドラフトチャンバーに対応。

<小型自動反応試験器>
フラスコサイズ ~0.5Lクラス
テーブル寸法 200mm / φ200mm
テーブル載荷重 7kgまでの加熱・冷却源

小型標準型
自動昇降テーブルが装置の上部にあるタイプ。通常サイズ機と同様に、一体化型。
小型低床型
自動昇降テーブルが装置の横にあるタイプ。計器部を分離させることで、ドラフト内に設置する部分を、全シリーズ中最小サイズに。

<共通オプション>

複数台の反応試験器をパソコンから制御することも弊社独自のソフトにて可能です。
空冷用の冷却ファンや、テーブルの高さと連動したオートスライダー(電圧自動可変器)を利用することで、より高精度な内温制御が可能です。

<使用例>

加熱源(オイルバス、マントルヒーター、ウォータバス)を使用する場合

…120℃アクリル合成実験、70℃乳化重合実験、有機合成実験 等

冷却源(氷水バス、ドライアイス-アセトン バス)を使用する場合

…-30℃有機合成実験 等

他にもこんな製品があります!

反応システム
タッチパネル式滴下コントローラ

滴下実験における流量制御を簡単に、かつ高精度に実現。

調合システム
塗布量モニタ WLF-2000

高精度・連続計測による塗布量管理で、省力化とリスク抑制を実現。

反応システム
電磁誘導加熱装置

工業用IHヒーターで、高出力・高効率かつ安全性の高い加熱を実現。

© 2021 Todoroki Co., Ltd.