ページトップへ

轟産業株式会社

研究開発製品

高感度エア式液面警報ユニット

photo

photo

ドラム缶液面警報器

photo

装着時の図

photo
photo
photo

防爆域における液面検知をオールエアにて気軽に、簡単に。

オールエア制御を採用。防爆電気工事の必要がなく、安全かつ速やかにご使用いただけます。

主な仕様

●製品概要

検出チューブの先端から出る微圧エアにて液面を検知する高感度センサを採用したユニットです。
高感度センサは、検出チューブの先端が液面に触れると、センサ内部で圧力上昇が起こり、センサがこれを検知、微圧エア(14kPa)を出力します。エア回路ボックスで常圧に増幅されたエアは、ホイッスルを鳴動させたり、常圧エアをエア信号として出力、ポンプやバルブを駆動させることができます。
これらの動作を利用して、液面の上限検知や下限検知、上下限制御などを行います。

●仕様

環境条件:圧力変動の少ない常圧環境下(負圧・陽圧は不可)
対象液:自己硬化性の低い(硬化速度の遅い)液体

エア式液面センサー AL-100
エア原供給圧力 20kPa
センサー信号出力 14kPa
液面検出感度 ±5kPa
エア消費量 2.5NL/min
液面検出チューブ PFAチューブ 外形φ10mm×内径8mm(標準)
センサー寸法 51(W)x31(D)x63(H)mm *突起部除く
設置環境温度 最大50℃
エア回路ボックス
元エア圧力 0.4~0.6MPa
微圧エア圧力 0.02MPa
外部出力 検知時、常圧エア出力(0.4~0.6MPa/元エア圧による)
ドラム缶液面警報器
供給エア圧力 0.4~0.7MPa
機器構成 本体(レギュレータ、液面センサーAL-100、エアホイッスル他)
レベル検出チューブ、同チューブ固定金具
警報出力 なし
本体寸法 300(W)x120(D)x300(H)mm  *突起部除く
本体重量 約9.4kg

他にもこんな製品があります!

反応システム
電磁誘導加熱装置

工業用IHヒーターで、高出力・高効率かつ安全性の高い加熱を実現。

調合システム
塗布量モニタ WLF-2000

高精度・連続計測による塗布量管理で、省力化とリスク抑制を実現。

反応システム
定量滴下ポンプ

滴下操作に求められる定量ポンプとしての性能を追求。自動システムと連動して、滴下作業を省力化。

© 2021 Todoroki Sangyo Co.,Ltd