ポリエステル重縮合反応装置

高温・高粘度・高真空の反応に対応

重縮合を進めるための低分子の除去ができ、脱水量の測定や、トルク検知によって反応度を把握できます。

特長
  • 高精度の温度制御、均一な温度分布。
  • 高温、高粘度、高真空の反応に最適。
  • 触媒、モノマーの自動滴下制御。
ポリエステル重縮合反応装置

仕様
温度範囲 40~300℃
滴下範囲 0.09cc~170cc/分
真空範囲 1.33×102Pa(1Torr)以下
粘度 300Pa・s
反応容器 1L~10L

研究開発トップへ戻る ページトップへ戻る