オートクレーブ装置(間接加熱)

高圧条件の反応に対応します

高圧ガスや液化ガスを使用する高圧下での反応試験も安全に運転できます。

特長
  • ジャケット式反応容器を使用し熱媒が循環しますので、均一な温度制御ができます。
  • 防爆機器使用のため、安全運転可能です。
オートクレーブ装置(間接加熱)

仕様
温度範囲 常温~250℃
圧力制御 常圧~1.0MPa
滴下範囲 0.19~85cc/min(1.0MPa)

研究開発トップへ戻る ページトップへ戻る