エア式ドラム缶液面警報器  – 特許出願中 —

ドラム缶への廃液移送時のオーバーフロー防止に最適!!

– 用 途 –
ドラム缶等に液体移送時の上限検知
 
– 特 徴 –
エア式だから、防爆エリアでも「簡単」「安全」「高感度」
■ポータブルで一体型
 一体型で面倒な繋ぎこみは一切不要
 ドラム缶に引っ掛けてエアチューブを繋げばすぐに使用可能
■オールエア制御
 オールエア制御だから、防爆電気工事が不要
■高感度
 検出チューブの先端±1mmで液面を高感度に検知
 
– お勧めユーザー様 –
 ●インク・印刷業界
 ●廃溶剤が多く出るお客様 etc
 
  廃液をドラム缶につめる際、上限位置が判断しづらく
  オーバーフローさせた経験のあるお客様にお勧めします。

ドラム缶液面警報器
ドラム缶液面警報器 背面
(本体背面のフック)
ドラム缶液面警報器 装着
(ドラム缶に装着時)

仕様
供給エアー圧力 0.4~0.7MPa
本体外形寸法 W300mm×D120mm×H300mm  *突起部除く
本体重量 約9.4kg
測定感度 ±1mm
機器構成 本体(レギュレータ、液面センサ、エアーホイッスル他)
レベル検出チューブ、同チューブ固定金具
エアー供給チューブ 外形φ8
警報出力 なし
センサ設置環境温度 Max50℃

 
 
作動原理・使用方法(クリックして拡大)
ドラム缶液面警報器 作動原理
 
ドラム缶液面警報器 使用方法

研究開発トップへ戻る ページトップへ戻る