塗布量モニター WLF-2000シリーズ

塗布量管理は、現状で満足していますか?

 消費した塗布量を連続的に計測することは非常に難しく、1日あたりの消費量にて平均的に算出しているのが一般的な計測方法になります。
 轟産業(株)の塗布量モニターは、中間タンクの重量減少量を用いて、ほぼリアルタイムに塗布量をモニタリングすることができます。これにより、いち早く塗布量のチェックを行うことができ、このデータを活用することで、不具合の予兆発見や塗布量の減量検討など、幅広い用途にご利用いただけます。

塗布量モニター WLF-2000シリーズ
塗布量モニター WLF-2000シリーズ
塗布量モニター WLF-2000シリーズ
クリックして拡大

アプリケーション例

ラミネート業界の生産ライン

塗布量モニター WLF-2000シリーズ

研究開発トップへ戻る ページトップへ戻る