技術:大村 拓也(研究開発センター)

社内風景
社内風景
今まで一番印象に残っている仕事は?

大学の研究用装置の制御パネル部分を製作した物件です。
当時、パネル製作としては初めての物件で、位置決め用のモーターの制御方法がわからず、自分で勉強したりメーカ講習会に参加させていただきながら設計を進めました。
動作チェックのとき、モーターが思った通りの動作をしたときはすごく嬉しくて、その後の動作機構の調整に関しても、変更が発生した場合でも楽しみながらやっていた記憶があります。
設計・製作は担当者ベースで仕事をするので、一人ひとりの責任はどうしても重くなりますが、やり遂げたときの達成感は大きい仕事だと思います。


将来、轟産業で実現したい目標は?夢は?

現状では、先輩方の考案したシステム・装置の製作と、多少のアレンジ程度しか出来ていませんが、いずれ研究開発センターの看板に出来るような制御機構を持った商品を考案したいと考えています。自分は発想力が人よりちょっと弱い傾向にあ ると思っていますが、色々考えながら仕事をすることで、勉強にもなりますし、仕事をしていく上で他の人からアイデアを頂戴することもあると思います。
まずは、日々の仕事を確実にこなすことで実績と経験を積み、世の中に無くて必要なものを見つけられる、考案できる、提案できるような技術者を目指したいと思います。



仕事を通して、一番成長を感じることは?

全てとはいえませんが、装置の概要を聞いたとき、必要な部品が思い浮かぶようになってきたことです。また、電気回路図を作成するときも、作図を進めながら次に何を描かないといけないかが思い浮かぶようになってきたので、作業能率がアップしてきているように思います。ただ、まだまだ諸先輩方と比べて設計能力は低いですし、専門外のことを聞かれたりすると答えられないことがありますし、客先からの問合せに対して答えられない場面があり悔しい思いをしたことがありますので、より広く、深くを続けていくことが必要だと思っております。

Nir2017ŃGg[

「仕事と人」一覧へ戻る

採用情報一覧へ戻る ページトップへ戻る