技術:角井 重夫(研究開発センター)

社内風景
社内風景
仕事を通して、一番成長を感じることは?

仕事は楽な事ばかりでなく、設計に行き詰まる事や、短納期でのつらい仕事等もあります。その仕事をしているうちは成長している実感はありませんが、一つ一つ乗り越え、積み重ねていく事で、少しずつ自分の経験値となり、知識、技術等が自分のものになっていきます。何年か経ち振り返ってみると、頭を悩ませていたことやつらい経験は今では大した悩み事ではなく感じる事があります。そんな時、自分もちょっとは成長したかなと感じます。困難な仕事、つらい仕事は自分をより多く成長させてくれますし、やり終えた時は達成感、充実感があります。


新しい市場や領域に挑戦した経験を教えてください

新製品開発に携わるという経験があります。新しい物を創りだすという事は難しい事だとあらためて実感させられました。お客様から要望を聞き出し、お客様が求めている装置、必要としている装置はどんなものか、使い勝手の良い装置はどんなものか、また、競合メーカーと差別化する為、他社には無いどのような特徴、付加価値を持たせればよいかなどと試行錯誤し、創り上げていきます。自分本位の考えで装置を創っていくと、自己満足でしかありません。多くのお客様に喜んでいただける装置は、一朝一夕では創り上げる事ができないと実感させられました。



これから入社する新しい仲間に期待することは?

若い頭脳により、既成概念にとらわれず柔軟な発想をもって、積極的に新しい提案をして欲しいです。上司や先輩だからと尻込みせず、積極的に提案して欲しいと思います。それが良い刺激となり、組織が活性化していくと良いです。先輩、後輩関係無くお互いが刺激し合い、共に成長していけるような環境を一緒に創っていける仲間になってくれると良いと思います。積極的な行動が個人の発展、組織の発展、会社の発展につながっていく事を期待します。
「一人一人の力を合わせれば、可能性は無限に拡がっていきます。人が基本の轟産業!!」

Nir2017ŃGg[

「仕事と人」一覧へ戻る

採用情報一覧へ戻る ページトップへ戻る