営業:石倉 省吾(大阪支社)

社内風景
社内風景
轟産業の良いところは何ですか?

轟産業の良いところは社員同士の交流が盛んなところです。
仕事上での情報交換はもちろんですが、仕事以外の場においても交流が盛んで、私が所属している大阪支社では若手で集まって遊びに行くことがとても多く、春は花見、夏はウェイクボード、秋はキャンプ、冬はスノーボードを毎年恒例の季節行事として行っています。その他にも、希望者を募ってBBQや登山、スポーツ体験をしたりするコミュニティがあり、勉強のため?にビール工場へ工場見学に行ったこともあります。(飲みに行くのが目的でしたが、、、)仕事も遊びも社員同士で楽しめる素晴らしいメンバーが集まっています。


今まで一番印象に残っている仕事は?

入社3年目の時に、担当している化学会社の新工場建設で、工場内の設備機器や試験機を大量にご注文いただいたことが一番印象に残っています。
初めに工場建設の噂を聞いた時、どのようにアプローチをかけたらいいのかわからず悩んでいましたが、仕入先メーカーや会社の上司に助けていただきながら、出会うお客様から少しづつ情報を集め、何度も通うことでキーマンに出会うことができ、新工場で使用するほとんどの機器を収めることが出来ました。新しい話を初めから追いかけ、結果が出たときは営業をしていて本当に良かったと思いました。



就職活動する皆さんへアドバイスをお願いします。

就職活動をしていく中で、希望する業界、職種などあると思いますが、雰囲気の良い会社を条件に会社を探してみるのもいいのではないかと思います。
私の轟産業との出会いは、大学の就職説明会に轟産業の人事の方が来ていて、なんとなく説明を受けることになり、話を聞いてるうちに人事の方の雰囲気が和やかで、轟産業ってすごく親しみやすくておもしろそうな会社だなと思い興味を持ったことがきっかけでした。轟産業に興味を持って入社したいと思ったのは「会社の雰囲気が良さそう」という理由でした。実際に入社してもその印象は変わらず、入社してよかったと今でも思っています。

Nir2017ŃGg[

「仕事と人」一覧へ戻る

採用情報一覧へ戻る ページトップへ戻る