「反応試験機システム」が、生産性向上設備投資促進税制の税制優遇が受けられるようになりました。

2015年3月13日

「生産性向上設備投資促進税制」とは?
質の高い設備投資の促進によって事業者の生産性向上を図り、経済の発展を図るため「先端設備」や「生産ラインやオペレーションの改善に資する設備」を導入する際の税制措置です。
導入機器の証明書があればお客様は税金の優遇が受けられます。
 
下記の製品が「生産性向上設備投資促進税制」の税制優遇が受けられます。
研究開発センターと工業会で証明書を発行します。(有償)

○3液自動調液撹拌装置
 ラミネート、コーティングラインへの接着剤供給工程などに
 ドラム缶サイズの原料を外部からの要求に応じて調液、撹拌、
 液送を自動的に行なう装置です。
○塗布量モニター
 フィルムなどにコーティングされた量をg/㎡で連続計測する
 計測機です。
○レインコートシステム
 車窓のガラス、塗装車体表面をイオンでコートし、汚れの
 固着を防ぐ装置です。
○インライン防爆型MI計
 防爆製造ラインに直接組み込んで連続でMI値を計測できる
 測定機です。
○反応試験システム
 フラスコスケールの反応実験を自動化し、煩雑な反応実験の
 効率化ができます。正確な定量滴下・大量のサンプル処理など、
 従来にない反応実験装置です。

 


最新情報一覧へ戻る ページトップへ戻る